歯周病予防に効果的!?オーラパールの口コミ☆

近頃・・・

日本人の8割が歯周病と言われている近年です.

私も最近、歯磨きの時に出血することがあり、もしかしたら歯周病の前兆かも!?と思い、

自宅で使う歯磨き粉でも歯周病予防に良いものはないかと調べてみました。

そこで「オーラパール」が口コミで良いということを知りました。

歯周病とは

歯周病は、主に歯ぐきなど歯の周囲の組織に細菌が感染して炎症を起こす病気で、

進行すれば徐々に歯の周囲を支える組織が破壊され、

歯ぐきがやせたり、出血しやすくなります。放っておけば、やがて歯を失うことに。

歯周病はむし歯と合わせ、日本人が歯を失う二大原因になっています。
歯周病は口の中だけではなく、心臓病や糖尿病などの全身疾患にも悪影響を及ぼすと言われています。

自覚症状のないまま進行し、取り返しのつかない状態に陥ってしまう危険も。

オーラパールとは!?

オーラパールには9つの有効成分が含まれています。


      

薬用ハイドロキシアパタイト

ハイドロキシアパタイトはリン酸カルシウムの一種で、歯の主成分です。

唾液中のミネラルイオンに作用し、歯の表面であるエナメル質修復や虫歯、歯の微小欠損の防止に働きます。

塩化ナトリウム

歯茎の引き締めやリゾチームの酵素活性化を高める効果があります。

塩化ナトリウムが含まれているため、オーラパールは非常にしょっぱい塩味がします。

ゼオライト

歯石の沈着を防ぎます。

マクロゴール400(PEG-8)

歯のステイン(汚れ)を溶解除去してくれます。

塩化リゾチーム

唾液や涙に含まれています。止血、消炎、溶菌作用を有し、腫れや赤みに効きます。その結果、歯周病予防にも繋がります。

※鶏卵由来の成分ですので鶏卵アレルギーの方はお控えください。

グリチルリチン酸

抗炎症作用で、歯肉炎抑制に働きます。

ε(イソプロシン)-アミノカプロン酸

人工的に合成されたアミノ酸で止血作用と抗炎作用を有します。

塩化セチルピリジニウム

消炎作用と殺菌作用を有します。

イソプロピルメチルフェロール

殺菌作用と殺菌細胞のサポート作用を有します。

オーラパールで歯周病予防

歯周病は日本人が歯を失う二大原因と言われております。

オーラパールに含まれている「塩化リゾチーム」という成分が歯周病により腫れたり赤みが出てしまった

歯茎の炎症を抑えてくれます。

歯を丈夫にする薬用ハイドロキシパタイトと同時に配合されたのはオーラパールが日本で初めてです。

塩化リゾチーム以外にも、「塩化ナトリウム、ε(イソプロシン)-アミノカプロン酸、グリチルリチン酸、

塩化セチルピリジニウム、イソプロピルメチルフェロール」も歯周病に効果を発揮します。

以上の要因により、歯茎はピンク色の締まった健康的なものへと変化していきます。


オーラパールを使い始めて・・・

オーラパルを使い始めて2ヶ月たちました。

まず感じたことは歯がツルツルになったことです。そして気になっていた歯茎の出血も使っているうちに

なくなりました。まだ使い始めてわずかですが、これからも定期的に使い続けていこうと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る